アオリ釣行記

Home > 2009年09月30日

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.30 Wed 朝練参加しました

090930西浦2 

朝練が終わると誰もいなくなる某港

サイズが出ないエギングはちょいとお休みして

今日は某港でカマス好調とのうわさを聞いたので偵察がてら逝ってきました

カマスごときにショアジグタックルはいらんということで、エギ竿に18グラムのジグで参戦です

とりあえず4時に現地に着きましたが誰もおらん

ガセか?

と思いましたが5時を過ぎる頃からそれらしき人がポツリポツリ

いかにも常連さんって感じのおいちゃん達が磯竿とサビキ持ってお隣に入ります

これはいい カマスサビキの実力を間近で見られるいいチャンスだ(笑)


そして総勢10人程が黙々とキャストする中、ファーストヒットは私でした(笑)

小気味いい引きを見せて上がって来たのは25センチぐらい エギ竿なんで引き味も格別だ

トリプルフックにがっちりだったんで外すのに手こずってる間に

カマスタイム開始!

そこらじゅうでカマスの水揚げが始まります

中でもやはりというかサビキは圧巻です

ほぼ1キャスト1キャッチ しかもダブルトリプルは当たり前!

しかも何故かサイズがでかい 丸々と太って30センチはありそうだ


おぉ 5本針パーフェクト あっ 2ポロリ(笑)

サビキはフッキングが甘いようでポロリも多いですね

それでも20~30匹は釣ってるみたいでしたけど


一生懸命アクションを変えて応戦しますが高速で巻くジグは分が悪い とても追いつかん(笑)

これではいかんと さらにゆっくり引く為にジグを15グラムから7グラムへ変更

小刻みにテンポよく跳ね上げながら引いてると

「ゴゴン」とこの日一番の当たり

次の瞬間

「痛っ」

キーンと音を立ててすごい勢いでスプールが逆回転を始めフェザリングしていた右手指が弾かれる

そして竿が極限まで曲がりみるみる内にスプールのラインが無くなっていく

「くそっ 青物入ってた」と後悔するも遅く

エギング仕様ではなすすべもなくあっさり2号フロロぶち切られ終了(笑)

上手な人は捕れるんでしょうがまだまだ未熟者です

たぶん40センチオーバーのネリゴがヤズでしょうね


そしてカマスタイム終了 ほんと地合いは短いんですね(笑)

本日の釣果

090930西浦1 


2キャッチ3ポロリ 25センチ~27センチ バイトは数知れず(笑)
今日でメソッドが大体つかめたんで次回はもっと数が出せると思います
サビキ使って乱獲しようかな(笑)

あとはポロリ対策ですね

タックルはいつものインフィートにレブロス2506 ジグはブランカの青です

食べても美味しいし秋アオリが本格化するまでの暇つぶしにちょうどいいですね


ただいまブログランキングに参加しております

お手数ですが応援ポチよろしくお願いします

m( __ __ )m

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

釣りの世界

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。